不動産担保でおまとめローン
不動産担保でおまとめローン
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無担保・無保証人のまとめローン
無担保・無保証人でまとめローンを考える場合、高額融資のローンは難しい。カードローンなどで、最大300万・500万貸すといっても、たとえば、年収が500万円の人に貸してくれませんので、年収500万円で高額のまとめをする場合は、保証人をつけるようにしましょう。または、担保がある場合は、担保ローン(不動産・有価証券など)を利用するのも手です。
スポンサーサイト
連帯保証人
ローン全般に言えることですが、大口の融資を無担保ではなかなか貸してはくれません。そこで、人的担保として連帯保証人をつけることにより、高額融資が可能になります。なお、不動産担保ローンでも不動産担保以外に連帯保証人をつけるローン会社もあります。
複数の借り入れを一本化
現在、複数の会社から借り入れをしている場合は、ひとつのローンにまとめる(一本化)ことができます。おまとめするメリットは、複数のローンの金利を減らし、月々の返済をひとつにすることができます。一本化するときに注意することは、現在の金利より低い金利にすることです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。